建てた・・・(建てる改め)

家を建てて暮らす、ベージュハウス! 安く建てるコツ、失敗、成功の話を書いています。                                              ローコストを検討している方、建築中の方、遊びに来てくださいね♪

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

窓・・・その3  

昨日の続きなはずです…たぶん(┬┬_┬┬)


旧居の窓ガラスは…単ガラス…
冬…窓の近くに立つと…外気の冷たさがモロに感じられました。

さて…では…新居の復層ガラスでは…

外気をモロに感じるほどではありません…

ただ単に、ガラスが2枚だけでこれだけ違えば、採用の効果はあります…
ローコストでもケチってはいけないところです…

と、ここまでは昨日の話ですよね。


で、複層ガラス、真冬に窓際に立ってみました。
単ガラスに比べると外気をもろに感じるということはありません。

でも、少しひんやり感はあります。

昼間、日が当っているときは、陽だまりの中にいる感じです。
ただ、寒がりの私は、暖房使いますが・・・

では夜・・・さすがに夜になると、窓のそばはひんやりひんやり・・・
ならば、シャッターを閉めてみます。
窓と外の間に、空気の層が一つ増えました。
シャッターは金属なので、空気の層の効果は・・・

ローコストな我が家も、防犯のために1Fにはシャッターをつけました。
ローコストだからと言って、なんでも却下というわけではないんです。

シャッターを閉めると、先ほどのひんやり感は軽減します。
暖房効率ちょいUPです。

我が家が設置したシャッターはこちらです。
20070930065549.jpg

トステムのイタリヤ


それでも、もっとということで
カーテンを閉めてみました。

さらに、空気の層ができます。
ひんやり感は、あんまり感じないほどになりました。

高性能な複層ガラスじゃなくても
ちょっとしたことで、効果倍増です。

そんなの当たり前じゃない・・・ですよね。

友人宅の同じく複層ガラスのアルミのサッシ・・・
アルミ部分よりひんやり感が大きく感じられました。
樹脂サッシ、侮れないです。

さて、ここまでは冬の話・・・
では、夏はどうだったのか・・・



category:

thread: 住まい - janre: ライフ

tag: 複層ガラス  ペアサッシ  樹脂サッシ 
tb: 0   cm: 4

コメント

ゆきのん☆彡さん

シャッターつけない地域性なんですね。
このあたりも、つけてない人がいますが
我が家は防犯のためにつけました。

実家は2Fにも雨戸があったのですが
我が家はつけませんでした・・・

ご愁傷さま前はこれも記事に書いてたことを
いま思い出しました(^_^;)

moco #- | URL
2007/09/30 08:09 | edit

み@さん

そうですよね、シャッターつけたら凍っちゃいますものね。

howpaも、覗いてみてくださいね。
そこには、ここにない記事も、まったく関係ない子育ての事もいっぱい書いてますので♪

シャッター画像載せてみました。
これと同じのが設置されてます。

moco #- | URL
2007/09/30 08:06 | edit

NoTitle

シャッター、時々ブログでもつけたって方いらっしゃるんですが、こっちではシャッターや雨戸をめったに見ないんですよ。台風に当たることが少ない地域だからなのかもしれませんね~~。
窓の記事、とてもよかったです。
やっぱり、使ってる人の意見っていいですね。
いつもみてます、コメント少なくてすみません^^;

ゆきのん☆彡 #WbARjSwI | URL
2007/09/30 00:01 | edit

寒くなりました~

お久しぶりです♪
覚えていてくださって・・うれしい(T-T)
更新を続けていらっしゃって・・凄い!!
過去記事をゆっくり拝見させて頂きます~。

うちの窓のそば、窓の真下の暖房のおかげか
そんなに寒くは無いですが、でもやっぱりひんやりです。
シャッター効果はかなりありそうですね!
こっちの地域では、窓シャッターを見たことないんです。
どんなものなのか、、どこか探して見てみます!

み@ #JalddpaA | URL
2007/09/29 21:52 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tateru.blog56.fc2.com/tb.php/217-1d9cc53e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。